笑顔の女性

ピルには高用量や中用量、低用量や超低用量の4種類があり、この中で最もエストロゲンの配合量が少なく、副作用が低用量ピルに比べて抑えられているのは超低用量ピルであり、超低用量ピルには、ヤーズなどがあります。

ヤーズは卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと、黄体ホルモンのドロスピレノンが含まれています。このドロスピレノンは、天然の黄体ホルモンではなく人工的な黄体ホルモンですが、天然と同じような特徴を持っています。ですが、ドロスピレノンの場合、第4世代のプロゲスチンと言われるほど最新のものであり、従来のプロゲスチンに比べてムダ毛やニキビができにくく、さらにむくみなどの副作用が起きにくいです。

ヤーズに含まれているエチニルエストラジオールもまた、低用量ピルに比べると3分の2程度となっており、体に余計な負担がかかりません。卵胞ホルモンの量は少ないですがきちんと避妊効果はあり、薬を服用した場合、98.8%の避妊効果があったと臨床試験でも実証されています。ですが、ヤーズの場合、避妊効果と共に月経困難症の治療薬としても用いることができる特徴があり、日本で初めて月経困難症の治療薬として承認されました。月経困難症の臨床試験においても効果は実証されており、多くの女性が改善されたことがわかっています。

ヤーズには、エチニルエストラジオールとドロスピレノンの女性ホルモンが含まれており、体の中に取り入れることで血中濃度の上昇が視床下部に伝わり、すでに卵胞は成長したものと勘違いをし、卵胞刺激ホルモンの分泌を抑えてしまうので、卵胞は成長できず排卵も起こりません。卵胞は成長できないとエストロゲンの分泌量も少なくなるため、子宮内膜も厚くなることができず、それに伴い痛みの原因であるプロスタグランジンの分泌も抑えられます。経血の量は子宮内膜が厚いと多くなる傾向があるので、子宮内膜がさほど厚くないと経血量も少なくなり、さらに収縮も強くなくなるため、生理痛がひどくならずにすみます。

子宮内膜の厚さに関しても臨床試験が行われており、ヤーズを服用する前に測定した子宮内膜の厚さと、臨床試験を終了した後に測定した厚さを比べた場合、平均10mmが5mmまで減少したことがわかりました。これにより子宮内膜の増殖を抑える作用が大変強いことがわかり、月経困難症にも有効だという結論になっています。

このことにより超低用量ピルであるヤーズには月経困難症の改善と避妊効果の2つがある薬であり、さらにニキビやムダ毛も生えにくくする作用があるということがわかります。ヤーズを今すぐ通販サイトから購入して、ピルの悩みを解決しましょう。